スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

水蓮寺ルカ starring 山崎はるかデビューイベント 2012 Overture -Elles sont de trop bons amis-

2012年12月15日、東京ドームシティラクーアガーデンステージで開催された「水蓮寺ルカ starring 山崎はるかデビューイベント 2012 Overture」に東山奈央ちゃんもトークゲストとして出演されたので僕も参加してきました。

今回は無料イベントで整理券を配布での入場でしたので早朝の6時に着きました(その時間には既に20人くらい並んでました)。寝ずに。前日は(親の同級生の)忘年会で飲んで、帰ってから色紙を描き始め、気がついたらもう出発時間でした(汗)。後から考えると友人達との合流などもあったのでこんなに早く来なくても良かったんじゃ。
案の定みんなと合流した後に隣のスターバックスで朝ご飯を食べたり、「僕らのプレイス」について語ったり(ちなみに奈央ちゃんとはるにゃんはこの作品でしか共演(と言っていいんだろうか…)していないのである意味タイムリーな話題)。
列が伸び始め、そろそろ並びに戻る(友人達と一緒に並んだので自分が早朝に並んだ位置より後ろで本当に意味なかった(汗))。途中、音出しテストでハッピークレセントがちょこっと漏れたときは列の一部がざわざわしましたw 主に僕たちが… 1回目の整理番号は「105」。悪くなかったです。むしろ開場してみると今年のイベント中一番いい位置だったかもしれません。

その前に。イベント前になんとはるにゃんが大解放状態でリハーサルを始めたので一気にステージの回りに人群れができる。こういう事もあるんだなぁと少しびっくり。リハなのに結構がっつり歌って踊っていたので、ダンスが苦手と言っていた彼女がかなり練習していたことが分かりました。そしてステージから降り、少しするとなんと今度は奈央ちゃんとのトークの練習が始まって奈央ちゃんクラスタ大集結(笑)。そこに奈央ちゃんも手を振って挨拶をしていて、やっぱり彼女は一人一人覚えているんだなといつものように挨拶を返してくれてました。

その後、昼ご飯をちょろっと食べ、13時になり番号順に列に並ぶ。入り口で缶バッジを貰い、入場するとステージの左側に「女性子供専用スペース」があり、そのすぐ後ろに立ったので結構近くて見える位置でした。友人達も集まって一緒に開演前を楽しむ。そして。

イベント開演。
セットリストは以下の通り:
 1− 恋の罠
 2− 善き少女の為のパヴァーヌ
 3− 僕ら、駆け行く空へ
 4− 恋の罠(アンコール)

青と白の衣装に身を包んで山崎はるか登場。初めてのステージなのでやはり緊張している様子でしたがイベントが進むにつれ、だんだんとトークも歌も声が出るようになって行って、ダンスもかっこ良かったりかわいかったりで一生懸命に初ステージを披露しました。奈央ちゃんの大親友だからっていうのもありますが、純粋に頑張っている人を見ると応援したくなります。来年のアルバムが本当に待ち遠しいですね。個人的にはやはり「僕ら、駆け行く空へ」が一番好きで、3月3日のかのんちゃんのラジオで初めて聴き、あの時からずっと気に入ってた印象深い1曲です。ルカのかっこいよさが十二分に引き出されてるナンバーで生で聴いてもすごく盛り上がれました。そして「善き少女の為のパヴァーヌ」もテンポやリズムが跳ねるような曲で、これはとにかく振りが可愛かったです。ハンドルを回すような仕草が好きでした(ぇ)。「恋の罠」は1回目は緊張されていましたがアンコールの時は見違えるようでした。毎週テレビで流れている曲という事もあって最後は気持ちを込めて精一杯歌っていた様子がヒシヒシと伝わってきました。

奈央ちゃんとのトークパートは本当に2人の仲の良さがどれだけ深いかがアピールされました。今までラジオやはるにゃんのツイッターでかなり頻繁に2人とも会ってると分かっていましたが、これはまるで恋人同士でしたw かのんちゃんとして今回のイベントに出演していたので黄色いリボンを頭に付けてましたが、なんとそれがはるにゃんの手作りだったり(しかもイベントの前日に作ったとか)、今まで何回か雑誌などで着ていたワンピースもはるにゃんからのプレゼントだったりと、お互いの好みなどを知り尽くしているようでした。アナウンサーへの答えに声が被ったり、ちょくちょく抱き合ったり、オフでも長電話や一緒に映画やカラオケに行ってお互いの1人コンサートをしたり(ここではるにゃんが「なーかのん、はい!」と言ったとたんになかのんコールが湧きましたw まさかここでやってしまえるとは思ってませんでしたが楽しかったです)などと話が耐えませんでした。
何より印象に残ったのが最後に奈央ちゃんがはるにゃんのいい所、尊敬する所を熱弁したときです。奈央ちゃんらしくここで話す内容はずっと考えていたのでしょう、止まらない勢いではるにゃんの魅力を知ってほしいという思いで沢山話していました。2回目の時なんかは長過ぎて、ステージの左側にスタッフが巻きのカンペを出していましたが、それに気づいていたのか気づかなかったのか、その後もはるにゃんの尊敬できるエピソードを熱く強く語っていました(7分間くらい。もし気づいてやっていたのならこの子、どれだけ頑固でどれだけ親友思いなのか…恐ろしいです)。本当にすっごく奈央ちゃんらしいなと思いました。多分今までで一番素の彼女だったんじゃないでしょうか。今回のイベントは親友の応援として出演だったのでいつもと違った彼女が見れてすごく新鮮でした。はるにゃんも最後のアンコール前で奈央ちゃんがイベント前日に最後まで彼女のことを気遣っていたと明かして、そのときは僕も思わず2人に感激してもらい泣きしてしまう程で。2人がお互いのいい部分を引き出し合っていてとても微笑ましかったです。デュエットソングもジョイントコンサートも、もしかしたら一番楽しみにしているのは奈央ちゃんとはるにゃん自身なんじゃないでしょうか。彼女達が幸せになれるステージならどんな形であろうが応援したいですね。


イベント前日にお酒が回りながらもなんとか描いた色紙2枚。
本当はもっと色数を増やしたかったのですが…

・山崎はるかさん宛、水蓮寺ルカ:
ruka_2012_12_15

・東山奈央さん宛、中川かのん:
kanon_2012_12_15


イベント後は奈央ちゃんファンの皆さんで寒い中ステージの隣の31でアイスを食べましたw 奈央ちゃんとの約束です(笑)。その後もいつもの流れで居酒屋で一緒に食べて飲んで一日を振り返ったり今後の話をしたり(お店の「梅と桃のとろりん」の在庫を切らせる程にw)。居酒屋が終わった後も一部メンバーで麻雀をしたりなど、本当にこの人たちと過ごす時間が好きですw

今回のイベントは僕にとっては結構新しい事が多く、本当に楽しかったです。小規模で知り合い達と一緒に好きな人に声援を送れるのは本当に嬉しい事ですね。イベントを重ねるたびに色んな奈央ちゃんファンと出会えてすごく嬉しくて、僕も本来なら出会えない立場なのでこういう貴重な機会での沢山の人との交流をできるだけ大事にしたいです。この人達と出会わずにフランスで一人生活していたらこんなに奈央ちゃんのことを応援できなかったと思います。これからも長く大切な付き合いにしたい、そんなことも考えさせられるイベントでした。

スポンサーサイト

2012.12.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 東山奈央

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール/Profile

そら from France

Author:そら from France
 
初めまして Bonjour.

■フランス拠点のサークル
DesktopRoughのそらのブログ。
■イラスト中心に気まぐれに活動、フランス在住なので不明瞭な点も多々あると思いますがどうぞよろしくお願いします。
■声優の東山奈央さんを地球の裏側から応援しています。

お問い合わせなどは全て管理人宛にお送りください:
takujo_rakugaki(あっと)hotmail.fr

↑アイコンはたおるにゃんが描いてくれました、Merci Beaucoup!

ピクシブ/pixiv

そらのつぶやき/Mes tweet

「キスベル」で渋谷みつば役として出演

リリスx2

『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン

カテゴリー/Catégories

検索/Recherche


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。