FC2ブログ

ギャルリーへぼんじゅーる

ぼんじゅーる、こんにちは。

前回のFosse Farmhouseの記事の反響が予想以上に良くて、沢山の人に見てもらえて本当にビックリです。これにはキャロンさんも大喜びで、実は今でも時々メールでやり取りしてるんです(こないだは「まんがタイムきららMAX9月号」に載ってたファームハウスの記事について話してました)。まさか天衝監督にもツイッターでコメントを頂けるとは、何に関しても勇気を持って頼んでみるもんですね!(汗)何はともあれ、本当に皆さんありがとうございました!(実はきんいろモザイクのエンディングの一番最後のクレジットにキャロンさんとFosse Farmhouseが入っていることに皆さん気がつきました?僕は最近見つけました(汗))


ということで今回もプチ聖地巡礼を紹介します。東山奈央ちゃんも湯音役で演じた、武田日向さんの「異国迷路のクロワーゼ」の舞台にもなったパリの「ギャルリ」です。実はフランス語ではこのギャルリを「Passage(パッサージュ)」と呼び、その名の通りパリ独特の道と道を結ぶ空間なのです。ほとんどが19世紀末に作られ、当時は150ものギャルリが存在していたらしいのですが、今ではそのほとんどがオスマンのパリ市街の改造計画の時に取り壊されたらしいのです。

そんな中、今でも残っているギャルリので中でも一際有名なPassage Jouffroy(パッサージュ・ジュフロア)」Passage Verdeau(パッサージュ・ヴェルドー)」Passage Panoramas(パッサージュ・パノラマ)」に行ってきたので、その雰囲気を感じてもらえるように今回も写真多めです。実はこの3つのギャルリ、作られた時期は半世紀も違うのですけど隣同士に一本道になるように位置してるのでとても観光しやすいのです。

そしてこちらではアニメの美術設定にも参加したロマン・トマさんのアニメの美術設定集が見られます(本人に確認済みです)。ロマン・トマさんありがとうございました!クロワーゼのアニメの美術設定には3人のフランス人が参加したんですが、ロマン・トマさんがその1人です。僕もこういうのやってみたかった。顔めっちゃ日本人だけど。
ちなみに「Passage Jouffroy」のホームページがこちら(案の定全部フランス語、しかも古い)。

というわけでさっそく「Passage Jouffroy」の入り口を潜ります(すっかり門を撮り忘れてしまいました)。

1.jpg 2.jpg

続く↓


続きを読む
スポンサーサイト



2013.09.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々

Fosse Farmhouseへはろー

はろーコンニチワ

1週間前にとうとうフランスに帰ってきましたー!実家でゆっくりできるー、と思ったら休む間もなく日本から奈央ちゃんファンの友人が3人も飛んできました(汗)。去年からあゆみさんが「フランスに行くよ!」「はいはい」と半信半疑で流してたのですが、流石行動力が高い、「チケット予約したよ!」と言った時は僕も真顔で、そして最近ラジオでもよく名前を聞くいたばしさんと大陸棚さんも一緒にやってきちゃいました。忍がホームステイしに来た時のアリスの気持ちとは少し違うものでしたが、これから始まる国際交流系ゆるふわイベンターコメディには僕も胸が躍りました。

早速彼らをパリまで迎えに行って僕の実家の「レンヌ」行きの電車の中、いたばしさんの痛恨の一言「フランスとイギリスって近いよね」。そこから何故かきんいろモザイク1話でアリスの家のモデルになった「Fosse Farmhouse」に急遽観光することに。全然ゆるふわじゃなかった、ただのコメディだった()。元々のスケジュールを大幅変更し、ロンドン行きの飛行機を予約し、Fosse Farmhouseに電話などしてなんとか1泊できることになりました。

という訳で短い時間でしたが、とてもいい機会だったので自分なりのレポートを書こうと思います。こういうのは僕の拙い文章より写真ですね、なので写真多めです。少し見にくいと思いますが、少しでもFosse Farmhouseの素敵な雰囲気を感じてもらえれば嬉しいです(というよりオーナーのキャロンさんに宣伝を頼まれたのです(汗))。

Fosse Farmhouseのホームページ (本人に確認済み)
天衝さんのイギリスロケ (こちらも本人に確認済み)


ロンドンのヒースロー空港に到着して忍も歩いていたArrivalsロビーに出ると、そこでタクシーのLucasさんに迎えられました。しかも僕の名前が書かれた紙を持ちながら。そこから西の方向に走って1時間ちょっと、Fosse Farmhouseに到着です!

IMG_0242.jpg

続く↓


続きを読む

2013.09.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々

«  | ホーム |  »